1. メニューへ移動
  2. 本文へ移動

明るい夜間戦闘

第二次世界大戦のヨーロッパ上空で繰り広げられたドイツとイギリス、アメリカの知られざる夜間戦闘の歴史や航空機、技術の紹介しています。

明るい夜間戦闘

フォッケ・ウルフ Fw 189航空機とテクノロジー

FuG 212を装備した夜間戦闘機型のFw 189フォッケ・ウルフ Fw 189 ウーフーワシミミズクの意味)は前線での偵察や地上支援、要人運送などに活躍した近距離偵察機です。少数機がレーダーやシュレーゲムジークを装備して夜間戦闘機として運用されました。

IMAGEDRIVE

http://www.nachtjagd.org/technology/aircraft/luftwaffe/fw189.shtml

1944年の総決算夜間航空戦の歴史

1944年は夜間戦闘団として絶頂をむかえた年でした。
しかし東西から押し寄せる連合軍、空を覆う爆撃機などによって、ドイツの戦争継続力はもはや回復不能なまでに低下していました。
そうして12月16日、ドイツは国境を破って迫り来る西部戦線の連合軍に対する乾坤一擲の大反撃「バルジの戦い(ドイツ名はラインの守り)」を開始したのでした。

IMAGEDRIVE

http://www.nachtjagd.org/history/1944/1944_12.shtml

トップエース ヘルムート・レントの死夜間航空戦の歴史

第3夜間航空団司令ヘルムート・レント大佐1918年6月13日ドイツ空軍は1944年7月、ついに前人未踏の夜間100機撃墜を達成しました。昼間であれば100機以上撃墜のエースは100人を超えていましたが、夜間撃墜のエースはレントハインツ=ウォルフガング・シュナウファー少佐1922年2月16日ドイツ空軍の2人だけでした。

IMAGEDRIVE

http://www.nachtjagd.org/history/1944/1944_11.shtml

夜間戦闘機 ドイツの暗闇のハンティング補足資料

夜間戦闘機 ドイツの暗闇のハンティング

ドイツ空軍の夜間航空団創出から終焉までを記した日本語で読める夜間戦闘のバイブル的存在。
本サイトのコンテンツの多くは2002年7月15日に発行された「夜間戦闘機」を参考にしています。

  • 原著:渡辺 洋二
  • 出版社:光人社
  • ISBN(10桁):4769823517
  • ISBN(13桁):978-4769823513
  • 発売日:2002年6月11日

IMAGEDRIVE

http://www.nachtjagd.org/data/bibliography/4769823517.shtml

増加する機材と欠乏する燃料夜間航空戦の歴史

1944年6月、アメリカ陸軍航空軍(USAAF)は燃料施設を攻撃の第1目標に定め、大規模な集中爆撃を開始しました。
イタリアから出撃する第15航空軍はオーストリア、ハンガリー、ルーマニア、南部ドイツの、イギリス本土から発進する第8航空軍は中部および東部ドイツの各石油精製施設を攻撃しました。またイギリス爆撃機兵団も、それまで臨時に行っていた地上支援を大陸に進出した戦術航空部隊に譲り、ルール地方の合成石油工場群の攻撃に参加し始めました。

IMAGEDRIVE

http://www.nachtjagd.org/history/1944/1944_10.shtml

フォッケ・ウルフ Fw 189航空機とテクノロジー

FuG 212を装備した夜間戦闘機型のFw 189フォッケ・ウルフ Fw 189 ウーフーワシミミズクの意味)は前線での偵察や地上支援、要人運送などに活躍した近距離偵察機です。少数機がレーダーやシュレーゲムジークを装備して夜間戦闘機として運用されました。

IMAGEDRIVE

http://www.nachtjagd.org/technology/aircraft/luftwaffe/fw189.shtml

1944年の総決算夜間航空戦の歴史

1944年は夜間戦闘団として絶頂をむかえた年でした。
しかし東西から押し寄せる連合軍、空を覆う爆撃機などによって、ドイツの戦争継続力はもはや回復不能なまでに低下していました。
そうして12月16日、ドイツは国境を破って迫り来る西部戦線の連合軍に対する乾坤一擲の大反撃「バルジの戦い(ドイツ名はラインの守り)」を開始したのでした。

IMAGEDRIVE

http://www.nachtjagd.org/history/1944/1944_12.shtml

トップエース ヘルムート・レントの死夜間航空戦の歴史

第3夜間航空団司令ヘルムート・レント大佐1918年6月13日ドイツ空軍は1944年7月、ついに前人未踏の夜間100機撃墜を達成しました。昼間であれば100機以上撃墜のエースは100人を超えていましたが、夜間撃墜のエースはレントハインツ=ウォルフガング・シュナウファー少佐1922年2月16日ドイツ空軍の2人だけでした。

IMAGEDRIVE

http://www.nachtjagd.org/history/1944/1944_11.shtml

増加する機材と欠乏する燃料夜間航空戦の歴史

1944年6月、アメリカ陸軍航空軍(USAAF)は燃料施設を攻撃の第1目標に定め、大規模な集中爆撃を開始しました。
イタリアから出撃する第15航空軍はオーストリア、ハンガリー、ルーマニア、南部ドイツの、イギリス本土から発進する第8航空軍は中部および東部ドイツの各石油精製施設を攻撃しました。またイギリス爆撃機兵団も、それまで臨時に行っていた地上支援を大陸に進出した戦術航空部隊に譲り、ルール地方の合成石油工場群の攻撃に参加し始めました。

IMAGEDRIVE

http://www.nachtjagd.org/history/1944/1944_10.shtml

合成石油補足資料

第二次世界大戦は石油の戦いでした。
もちろん夜間戦闘機も飛ぶためにはガソリンが必要になります。ガソリンを得るには原料として原油が必要になりますが、ドイツは戦争を遂行する為に必要な原油を国内で賄うことはできませんでした。

それではドイツは終戦までの6年間に消費した燃料をどのように確保していたのでしょうか。
アメリカやソ連から原油の輸入を行っていましたが日本の参戦、ソ連への侵攻により、それらに頼ることはできなくなります。ルーマニアやハンガリーからの石油輸入も大戦末期になると依存国の降伏やドイツの撤退で、石油を他国に頼ることは不可能になりました。

ここでは話題に上がることの少ないドイツの燃料事情を紹介したいと思います。

IMAGEDRIVE

http://www.nachtjagd.org/data/material/ersatz.shtml